img_02

おせちの由来とその意味を考える

日本には古くから大切にされている伝統や風習、文化があります。

その中の一つである「おせち」は、「御節供」や「節会」の略として呼ばれている名前です。
この料理は、中国から伝わったと言われる五節供の行事に由来しており、奈良時代には超廷内で節会(せちえ)として行われており、その場で提供される供御を節供(せちく)と呼びました。

もともとは五節句の祝儀料理全てをおせちと呼んでいましたが、後々に最も重要と考えられていた人日の節句の正月料理を指すようになり、正月料理は江戸時代の武家作法が中心となった形式に由来しています。

現在のように重箱の中に御節料理を詰めるようになったのは、明治時代以降のことと言われており、重箱に御節を詰める方法が完全に確立したのは、第二次世界大戦後になります。


その背景には、デパートなどで販売される御節料理は見栄えの良い重箱入りの形で御節料理を発売したことによるとも言われています。
おせち料理の基本としては、祝い肴三種が上げられ、三つ肴、口取り、煮しめ、酢の物、焼き物になり、それぞれの料理に関しては、めでたい祝いの意味が込められています。

おせちの通販の情報はかなり役に立ちます。

それぞれの地方によって違いがあり、関東で三つ肴の内容と言えば黒豆、数の子、ごまめであり、関西では黒豆、数の子、たたきゴボウになります。

それぞれの料理は火を通したり酢に漬けたり、干した利などして味を濃くして日持ちが長いものが多い特徴があります。



その背景には歳神様を迎えて共に食事を行う正月の火は、聖なるものとして捉えられていることが挙げられます。



そのために、この期間は火を使う煮炊きをできるだけ避けるという習わしに寄ると言われているのです。

おせち料理は重箱に詰められますが、底にも幸せを重ねるという意味も込められています。

二段や三段などが主流ですが、正式には四段の重箱であり、何番目のお重に何を詰めるかも決まっているのです。