トラックを新車もしくは中古で購入するには、それぞれメリットデメリットが存在します。一昔前までは中古トラックを購入するという選択は貧乏人が買うものと言われるほど、ネガティブなイメージが強かったものです。しかしながら、最近のクォリティ・性能のめざましい向上によってそのイメージが払拭されてきています。元々業務用車両として普通車よりも遥かに丈夫に作られていて、このことから寿命は普通車よりも比較的長く走行・維持できるようになっています。

新車の場合は車両本体価格にオプションやデコトラの装飾価格が加算されるため、あれやこれや好きなオプションばかり装備するとどうしても購入価格が高額になりがちです。その一方で中古車は多少の使用感はあるものの、すぐ乗れる車として販売されるため、追加装備をしない限り必要最小限の装飾は納車時点であります。ものにもよりますが使用年数や走行距離に応じた価格設定で販売されるため、新車よりもリーズナブルな購入価格でトラックを手に入れることができ、特にモデルチェンジされた直後は最安値で販売される傾向にあります。その一方でデメリットはというと、装備されている装飾品やオプション品はなかなか外せないことと、業者のメンテナンスの腕の違いからか同じ車種・年式であってもトラブルの有無が若干あります。

しかしながらこのあたりのデメリットは、装飾品のないものや腕の良い業者を選べばある程度は回避できます。