中古トラックを手に入れるにあたり、購入費用をすぐに用意できない場合は、少額に分割して支払うことができるローンやリースを利用すると良いです。ローンやリースにはさまざまな形がありますが、中古トラックがほしいときは残価設定型ローンと呼ばれるタイプのローン契約がお得といえます。残価設定型ローンは、契約期間が終了した時点の車の価値をあらかじめ査定し、その査定価格をローンの支払総額から差し引いた残額を契約者に分割して支払ってもらうローンです。メリットはユーザーの金銭面の負担を減らせることと、メンテナンスサービスが利用できる場合があることで、特に後者はトラブルへの不安なく乗り続けたい人にとっては心強いものとなるでしょう。

また、契約期間が終わったときの車両の扱いを決められるようになっている場合もあり、別の中古トラックへの買い替えだけでなく、中古トラックが気に入っているのであればそのまま買い取って乗り続けることもできます。残価設定型ローンを選択するときの注意点は、契約期間中に走行距離が一定を上回ってしまったり、損傷させてしまうと追加の負担金が発生することです。負担金は、超過が大きくなるほど高額になっていきます。このため、中古トラックで長距離の運転を頻繁にする場合は、残価設定型ローンは選ばないほうがお得なことがあります。

また、利率は他のローンより高く設定されており、残価も含めた金額で利息が計算される点にも注意が必要です。