近年、自動車や電車のボディーをラッピングして様々な広告宣伝を行うと言う手法が様々な場面で頻繁に行われています。ラッピングは塗装をすることなくあらかじめ印刷したフィルムをボディーに貼り付けるだけでその外観を大きく変更することができる上、不要になった場合にはそのフィルムを剥がすことで元通りのボディーに戻すことが簡単にできるため、1時的な広告宣伝や塗装の変更において非常に効果的に行えるとして様々な場面で利用されているのです。特に自動車の分野ではバスなどに広く用いられており、走る広告宣伝媒体として非常に有効に利用されているほか、これまで顧客を乗車させることでしか利益を得ることができなかったバスの利用法を大きく変えた方式でもあります。最近では一般の乗用車にも広く応用されており、自分の車のデザインに飽きた人や奇抜な塗装を施してみたいと言う人にとっても気軽に利用することができ、また元に戻す事も可能と言うことで広く浸透し始めています。

このラッピングは最近ではトラックにも利用されており、大きな効果を生み出しています。トラックは従来は単に荷物を運搬するだけのものとして認知されており、大きなボディーを効果的に利用した広告宣伝はこれまであまり行われていませんでした。しかし、トラックの側面の大きなスペースは広告宣伝を行うスペースとしては非常に有効に活用できるものであり、効果的に利用できないかと言う案が模索されている中で、ラッピングの技術を利用して大きな看板のような効果を生み出すことが可能になりました。不要になったらフィルムを剥がすことで元に戻すことができると言うメリットがあるため、これまで簡単に行うことができなかった^_^トラックの広いスペースの有効利用は、ラッピングにより非常に有効な広告宣伝媒体として利用されることになったのです。

中古のトラックのことならこちら