広告宣伝を行う方法は様々に変化しています。従来は看板を利用して広告宣伝を行うことが非常に多かったのですが、看板はいちど設置するとなかなか変更することができないほか、その表現力も非常に乏しいものがあり、近年の情報量が多い時代にはそぐわないものとなってきた感があります。これに変わり最近ではデジタルサイネージと呼ばれるディスプレイなどを利用した映像による広告も非常に増えていますが、従来の看板が持っているその場所でしか見ることができないと言うデメリットは残念ながら継承されているのが実態です。広告宣伝を効果的に行う1つの方法として、自動車などの移動手段を用いて行うと言う方法があります。

これは様々な場所において広告宣伝を移動しながら行えることからより多くの人の目に留まると言うメリットがある反面、自動車に掲載できる看板の大きさに限界があるため、提供できる情報量が少ないと言うデメリットがありました。最近では自動車に塗装と同じような効果をもたらす手法としてラッピングが普及し始めています。ラッピングはあらかじめ印刷されたシートをボディーに貼り付けるだけで簡単に塗装と同じ効果を生み出すことができるほか、印刷ならではの鮮明さを生かした詳細な模様やデザインを表現することができるため、現在ではバスなどの広告宣伝手段として広く用いられています。このラッピングをトラックに応用することで、トラックの荷台を巨大な看板に見立て広告宣伝を広く行うことが可能になります。

さらにラッピングは不要になったら剥がして交換することもできるため、期間限定の広告なども簡単に貼り付けることができます。大きなトラックの荷台を巨大な看板に見立て、効果的な宣伝広告を行う方法としてそのメリットが広く注目されています。