ラッピングトラックは荷台の部分に印刷されたシートを全面に貼り付けることで自由にデザインができるのが大きな魅力で、大きな面積に様々なデザインの模様を貼り付けることができるため、広告宣伝等の目的で広く利用されています。場合によってはその部分を広告スペースとして一般に公開し、広告料を徴収することで運送以外の収入を得ることができるとして運送業界の新たな収益源として注目されています。ラッピングの手法が印刷されたシートをボディーに貼り付けるだけで実現できるため、これまでのように塗装を行うことなく簡単にできるのが大きなメリットです。またシートを貼り付けているだけなので張り替えも比較的自由に行えるため、期間限定の広告なども自由に載せることができるメリットがあります。

さらに看板と異なりトラックが道路を走行するため不特定多数の人の目に留まりやすく、様々な場所で広告宣伝を行うことができるのも大きなメリットです。さらに塗装と異なり鮮明なデザインを行うことができるため、現代のデザイン性の優れた広告も自由に掲載できると言うのが大きなポイントです。従来からトラックの荷台は広告媒体として注目されてきましたが、塗装費用が非常に高額なことや鮮明なデザインが表現できないことなどからその用途が限られてきました。しかしラッピングの技術を用いることで簡単に鮮明なデザインが表示できるようになったほか、張り替えが自由にできることから短期的な広告も経済的に行えるようになり、非常に便利な広告媒体として注目されています。