トラックは利用の仕方によって非常に効率的な広告宣伝媒体になります、特に荷台の部分が箱型になっているタイプではその側面が大きなサインボードとなるため、この部分に広告宣伝を行うことで移動する広告となり、非常に効果的な宣伝効果を生み出すことができます。しかし、これまで一部にはトラックを利用したものがありましたが、実際にはあまり多くはありませんでした。その大きな理由はこの部分に広告宣伝を行うための費用にあります。大きな広告を行おうとするほど塗装費用が高額となり費用対効果がなかなか見込めないと言う実態があるため、あまり実現されていないのが実態です。

しかし最近ではこのような広告が非常に増えています、その背景にあるのはラッピングと言う事実です。ラッピングはあらかじめ印刷されたシートを車のボディに貼り付ける方法ですが、その費用が非常に安いことと、簡単に剥がすことができると言うメリットがあり、短期間の広告でもその費用対効果が十分に見込めると言う点から広く利用され始めています。トラックの側面は非常に広告宣伝効果が高い場所として古くから注目されてきました。道路を走行しながら自然と広告宣伝が行えるためその効果が非常に高く、また様々な場所で広告宣伝が行えると言うメリットもあります。

ただしその費用がこれまで問題になっていたためあまり実現されていなかったのですが、ラッピングの技術の向上により広く用いられるようになっています。最近ではトラックのこの部分を一般の企業に貸し出し広告収入を得ている運送業者も出現しており、ビジネスの面でも非常に有効に利用されるものとなっています