車検費用を安くするコツは、民間車検場ごとの費用を比較することです。重量税や自賠責保険費用などの法定費用はどこでも同じですが、点検整備費用はかなり違ってきます。ディーラーなどでは29,800円前後が多いですが、民間車検場の場合それぞれ違います。平均すると19,800円前後とディーラーよりも10,000円程度安く設定している場合が多いです。

まずは基本的な点検整備費用を比較してみましょう。次に、民間車検場の場合は様々な割引制度を設けており、さらに安くさせることができることが多いです。たとえば、早目に申し込むことで割引してもらえる早割です。早ければ早いほど割引額も大きくなりますので、要チェックです。

また、2台車を持っている場合はペア割引があったり、車の持ち込みと引き取りを自分で行った場合に割り引かれたり、ステッカーを張ることで割り引いてもらえたり様々で、その割引率も民間車検場によって違います。したがって、それらをすべて計算した上で、最も格安のところを探す必要になります。費用を安く抑えることができれば、その浮いた分をオイル交換代にあてたり、ブレーキパッド代にあてたりすることもできます。注意しなければならないのは、費用を安く抑えたいばかりに、必要な部品交換をしないで、後からトラブルにならないようにすることです。

たとえばブレーキパッドがまだ1年持つので交換しなかった場合、予想よりも早くブレーキパッドが減ってしまって、ローターまで傷めてしまうということが少なくありません。早目の交換で安心を買うという考えもあると思います。