自動車の維持費の中で、かなり大きな割合を占めるのが車検です。新車で購入した場合には3年目に第一回目の車検を行うことが義務付けられており、それ以降は2年ごとに行うことになります。車検の費用は、重量税や自賠責保険などの法定費用と点検整備費用の二つに分けられます。法定費用に関しては、どこの自動車整備工場で行っても費用は同じですが、点検整備費用に関しては、自動車整備工場によって違います。

一般に、ディーラーで行った場合は、民間車検場で行うよりもこの点検整備費用が高くなる傾向があります。部品交換や修理箇所が見つかった場合も、ディーラーのほうが工賃などが高めです。しかし、その車のことをもっともよく理解しているのはディーラーですし、部品交換もその車に最適な純正部品ですので、安心という点ではディーラーに勝るものはありません。しかし、ディーラー以外の自動車整備工場では質が劣るのかというと、決してそのようなことはなく、その差を感じることは少ないと思います。

そして何といっても費用が安いというのは大きな魅力です。費用の安さは、もともとの点検整備費用が安いことに加えて、各種割引を行っており、それらを全部合わせると、ほとんど点検整備費用がかからないくらいになることもあります。車検は単純にいうとディーラーで信頼と安心をとるか、それとも自動車整備工場で安さをとるかという選択になりますが、安さをとったとしても決して信用ができないというわけではないということから、後者がやや有利かと思われます。